WEB API を活用してニュースを一括収集。地下鉄等でも一気読みできます。 実はこのブログ、ブログランキングで○位なんです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [>>詳細を開閉する] 夏ドラマ10%超えやっとの現実
    小説や漫画が原作のドラマが増加。また、ドラマ放送枠の移動や復活など、各局の編成にも変化が。
    11時10分更新

    ドラマ視聴率 月9も水10も日9も「10%超えがやっと」の現実

    NEWS ポストセブン 8月31日(金)7時6分配信

     いよいよ最終回に向けて佳境に入っている「夏ドラマ」。テレビ各局は出演者をバラエティーやワイドショーに連日登場させるなど番宣(番組宣伝)に次ぐ番宣で盛り上げに懸命だが、視聴率のほうはいっこうに盛り上がらない。

     フジテレビの看板である「月9」の『リッチマン、プアウーマン』(小栗旬主演)は平均11.6%。昨年、40%超の大ヒットとなった『家政婦のミタ』と同じ時間枠の日本テレビ「水10」の『トッカン 特別国税徴収官』(井上真央主演)が平均10.9%。TBSのドラマのなかで最も数字のいい『サマーレスキュー ~天空の診療所~』(毎週日曜21時~、向井理主演)でも平均10.9%でしかない(視聴率はいずれも8月25日現在)。

     かつては人気ドラマの指標といえば「視聴率20%超え」だったが、今では「視聴率10%超え」がやっと。19時から23時のプライムタイムのドラマでも、1ケタ台が珍しくないのが実情だ。

     いったいドラマはどうしてしまったのか。今年の夏はロンドン五輪の影響が大きいとも考えられるが、4~6月の「春ドラマ」でも平均視聴率10%超えは6本しかなく、1ケタ台が10本を数えた。NHK大河ドラマ『平清盛』も視聴率10%前後で低迷し、オダギリジョー(36才)主演の『家族のうた』(フジテレビ系)が視聴率3%台で早々に打ち切りになったのも記憶に新しい。

     この現状に、ドラマ通で知られる漫画家のカトリーヌあやこさんも、さすがに呆れ果てた様子でこう言う。

    「一応ドラマは全部見てますけど、挑戦的なテーマのドラマが少ない。テレビ局にドラマをきちんと作り込む体力がなくなってきているのかな。新ドラマが始まると、“前のクールは何やってたっけ?”と感じるほど作品に印象がない。根っからのドラマ好きな私でもこう思うのですから、いっそのことドラマの数を減らしてもいいのではと思います」

    ※女性セブン2012年9月13日号

    最終更新:8月31日(金)10時46分

    NEWS ポストセブン

     
  • [>>詳細を開閉する] BSフジ 台湾ドラマ見合わせ
    中国や台湾、タイなどアジアの芸能。華流ドラマは日本でも人気がある。
    10時13分更新

    「編成上の理由」台湾ドラマ放送見合わせ

     BSフジは30日、9月13日から放送する予定だった台湾ドラマ「絶対彼氏~My Perfect Darling~」の放送を見合わせることを決めた。

     同局は「編成上の理由」としている。このドラマは日本の漫画が原作で、韓国人女優がヒロインを演じている。

     [2012年8月30日19時10分]

  • [>>詳細を開閉する] aiko 茅ヶ崎無料ライブで熱唱
    注目度の高いライブイベントに関する話題。
    10時37分更新

    aiko茅ヶ崎無料ライブ、31000人に熱唱と花火1000発贈る

    ナタリー 8月31日(金)2時53分配信

    aiko茅ヶ崎無料ライブ、31000人に熱唱と花火1000発贈る
    拡大写真
    「何度も言うけどさ、みんな本当によく来てくれたね。ありがとう」と繰り返し話していたaiko。

    aikoが昨日8月30日、神奈川・サザンビーチちがさきにて野外フリーライブ「Love Like Aloha vol.4」を開催。3万1000人の観衆が盛り上がる中、全13曲を熱唱した。

    【大きな画像をもっと見る】

    前回は途中大雨に見舞われながら敢行された「Love Like Aloha」だが、4年ぶりの開催となった今回は終始晴れ模様。キレイな青空と気持ちの良い風を感じられる海岸に、南国風の特設セットが組まれ、会場には早朝から大勢のファンが詰めかけていた。

    ライブが始まったのは、夕日が落ちかけて辺りが薄い青に包まれた18:10頃。色違いのアロハシャツを着たおなじみのaikoサポートメンバーがステージに姿を現す。そして照明とスモークがステージを包む中、アコースティックギターでイントロが鳴らされ、観客の期待が最高潮に高まったところで1曲目「milk」がスタートした。それと同時に勢い良くステージ中央に登場したaiko。割れるような大歓声の中、彼女は第一声「皆さんこんばんは! aikoです!!」と叫んで、アッパーチューン続きの怒涛のオープニングを仕掛けていった。

    aikoは「みんな元気かー!? ほんまに元気かー!? よっしゃ今日は最後までたっぷり楽しんで帰ってや! よろしくー!!」と、ワンマンライブでおなじみの挨拶を口にする。高いテンションのまま「愛の病」「夏が帰る」「ジェット」を繰り出し、メインステージだけでなく、花道を走ってサブステージへ、その先に続く花道も通ってPAブースを越えた後方へと、動き回りながら観客を煽る。

    最初のMCでは「いやー! 暑い中、皆さんずっと待っていただき本当にありがとうございます! 4年ぶりにこの場所でライブをすることができました。そして今日は、雨が降りませんでした!」というaikoの言葉に、大きな拍手が沸き起こる。aikoはさらに「今日は8月も30日やし、最後の夏休みを過ごして、31日はみんなで一緒に筋肉痛になって昨日を思い出して過ごすという、記念の1日を作りたいと思います。一緒にライブを作りましょう」と語りかけた。

    会場はこの頃にはすっかり日が落ち、月明かりが水面を照らす幻想的な雰囲気に。一方ライブでは「ぬけがら」「くちびる」といったミドルテンポの楽曲が披露され、オーディエンスはaikoの甘く伸びやかな歌声に酔いしれていた。また「この会場のこのライブ、この人の歌を歌わずして何を歌うー!!」というaikoの叫びから始まったのは、茅ヶ崎出身の桑田佳祐のヒット曲「波乗りジョニー」。ちなみに「LLA」では過去もサザンビーチちがさきにちなんで、サザンオールスターズ「チャコの海岸物語」「いとしのエリー」などが歌われている。

    そしてaikoはこの「波乗りジョニー」をワンコーラスで済ませ、この日だけのスペシャルメドレーへなだれ込む。メドレーの中には、海側で赤い大きな風船がロマンチックに点灯する「おやすみなさい」、初披露となるギターロックアレンジの「恋のスーパーボール」、aikoにとって歌うのが念願だったというサザンの「マンピーのG★SPOT」などが盛り込まれた。

    ひと息つくと、aikoは「私、今年15年目になりまして。こうやってライブができるのも全部皆さんのおかげです。ありがとう」としみじみコメント。それに続く形で「カブトムシ」では、15年目の決意と感謝を感じさせる思いの込もった歌声を披露した。彼女が曲中最後の「♪生涯忘れることはないでしょう」というフレーズをじっくりとためて歌う瞬間、静まり返った海岸に波の打ち寄せる音が響き、月と波とaikoの見事なコラボレーションに涙する人の姿も見受けられた。

    続く後半戦では、再びaikoのボルテージが上昇。花道を爆走しながらの「鏡(Rock ver)」、緑のレーザー光線で観客を煽る「運命」と続き、「もっとみんなで楽しい時間を過ごしたいと思います! なのでいつもの“アレ”をお願いします!」という合図で「男子! 女子! そうでない人! バンド! サイドスタッフ! 照明! PA席! 警備のお兄さん!」というおなじみのコール&レスポンスが行われた。さらにこの日は「海の家! マンション(から観ている人)!」という呼びかけも。全員がクライマックスに向けて一体となったところで、屈指のキラーチューン「ボーイフレンド」が始まった。この曲のイントロでは、メインステージのセット最上部からピンクと青の特効が上がる。さらにaikoが炭酸ガス噴射機を持って「暑いか!? 暑いか!?」と観客に振りかけるパフォーマンスもあり、会場は大いに盛り上がった。

    12曲を歌い終えて、aikoは最後のMCを行う。「今日、ここサザンビーチちがさきでライブをすることができて本当にうれしかったです。今日という日は終わってしまいますけど、皆さん心の中に今日の日のことを覚えていてください。そしてまたこの会場にいる1人ひとりのみんなと楽しい時間が過ごせますように! 最後の曲です!」と話して、披露された最後の曲は「花火」。サザンビーチちがさきは、3万1000人とaikoの手が一斉に横に揺れ、大きな多幸感に包まれる。

    その後aikoは「皆さん本当に今日は、最後までどうもありがとうございました! aikoでした!!」と元気に退場。同時に、セット最上部や対岸から空へたくさんの打ち上げ花火が放たれた。その数は合計1000発とあって、ライブを楽しんだオーディエンスも地元の観衆も感嘆の声を上げる。空いっぱいに広がる大玉花火を見届けた人々は、aikoやスタッフに温かい拍手を送り、「Love Like Aloha vol.4」は大成功のうちに幕を閉じた。

    Love Like Aloha vol.4
    2012年8月30日 サザンビーチちがさき セットリスト

    01. milk
    02. 愛の病
    03. 夏が帰る
    04. ジェット
    05. ぬけがら
    06. くちびる
    07. メドレー(波乗りジョニー~相合傘[汗かきMix]~Smooch!~おやすみなさい~キラキラ~恋のスーパーボール~マンピーのG★SPOT~be master of life)
    08. カブトムシ
    09. 鏡(Rock ver)
    10. 運命
    11. ボーイフレンド
    12. 二人
    13. 花火

    最終更新:8月31日(金)2時53分

    ナタリー

     
  • [>>詳細を開閉する] 内村さまぁ~ず ギネス認定
    ギネス認定を目指し、国内外で世界記録への挑戦が行われている。通称「ギネスブック」。
    9時34分更新

    「内村さまぁ~ず」DVD40巻でギネス世界記録に認定

    お笑いナタリー 8月31日(金)4時1分配信

    「内村さまぁ~ず」DVD40巻でギネス世界記録に認定
    拡大写真
    写真左から、内村光良、さまぁ~ず三村、さまぁ~ず大竹。「内村さまぁ~ず」40巻目のDVDリリースでギネス世界記録に認定された。 (C)2012 内村さまぁ~ず製作委員会 / Aniplex Inc.

    「内村さまぁ~ず」の最新DVD3巻(vol.38、vol.39、vol.40)が先月7月25日に発売。このリリースをもって、同番組のDVDがギネスワールドレコ−ズより「Most DVDs released by a Japanese style variety show」(1つの日本のバラエティ番組におけるDVDリリース数)のギネス世界記録として認定されたことがわかった。

    【大きな画像をもっと見る】

    「内村さまぁ~ず」は、内村光良とさまぁ~ずの3人と、企画を持ち込む芸人たちが展開する行き当たりばったりのゆるい空気感が好評を博しているバラエティ番組。2006年8月より月2回のペースでインターネット配信番組としてスタートし、2009年4月よりソニー・ミュージックエンタテインメントのテレビプロジェクト「E!TV」の番組として独立局のTOKYO MXほか、地上波での放送が開始された。足掛け6年、配信での放送話数は現在138話を数える長寿番組となっている。DVDは、2008年3月より発売開始。シリーズ累計売上が約70万枚を記録している人気シリーズだ。

    内さまファンはもちろん、まだ見たことがない人も、ギネス世界記録に認定されたこのDVDをぜひチェックしよう。

    内村光良、さまぁ~ずのコメント

    内村:うれしはずかし、いつの間にかのギネス世界記録

    さまぁ~ず大竹:労せずしてのギネス記録

    さまぁ~ず三村:ボルトとかと一緒なんでしょ!?

    最終更新:8月31日(金)4時2分

    お笑いナタリー

     
  • [>>詳細を開閉する] 西尾アナ 大手芸能事務所入り
    タレント化した「女子アナ」は私生活までニュースに。人気の局アナにはフリー転身のうわさもつきまとう。
    11時1分更新

    西尾アナ、セント・フォース入り!

    スポーツ報知 8月31日(金)8時2分配信

     元日本テレビアナウンサーで、現在はフリーアナとして活躍する西尾由佳理アナ(35)が、大手芸能プロダクション「セント・フォース」に所属することが30日、分かった。

     西尾アナは昨年8月いっぱいで日本テレビを退社。その後、個人事務所を設立し、フリーアナに転身した。現在のレギュラー番組はBSフジ「BSフジLIVE ソーシャルTV ザ・コンパス」(土曜・後9時)、テレビ朝日系「ヒットの泉~ニッポンの夢ヂカラ!~」(日曜・前9時半)、BS日テレ「アスリートの輝石」(日曜・後11時)の3本。その他、トヨタ自動車とカネボウ化粧品の2本のCMにも出演する売れっ子だ。

     9月からセント・フォース所属となり、レギュラー番組とCMには引き続き出演する。同社には大石恵(39)、小林麻耶(33)、歌舞伎俳優・市川海老蔵(34)の妻の小林麻央(30)、皆藤愛子(28)、杉崎美香(33)、山岸舞彩(25)、中田有紀(39)ら多くの人気キャスター、ロンドン五輪バドミントン混合ダブルス日本代表の潮田玲子(28)らが所属。西尾アナもますます活躍の場を広げそうだ。

    最終更新:8月31日(金)8時2分

    スポーツ報知

     

    西尾由佳理

    司会者・MC・キャスター・声優・ナレーター・タレント 西尾由佳理(ニシオユカリ)
    誕生日:1977年 07月25日
    星座:しし座
    出身地:千葉
    血液型:-
  • [>>詳細を開閉する] 華原朋美 ヨガ講師になりたい
    2011年は子役の芦田愛菜、鈴木福がブレーク。AKB48のブームも続く。
    11時12分更新

    華原朋美 「昔のダメージがまだ残って…」”38歳の男断ち”決意した理由

    女性自身 8月30日(木)10時38分配信

    8月17日に38歳の誕生日を迎えた華原朋美。その数日後、自宅マンションから現れた華原に記者が声をかけると、彼女はにこやかに応じてくれた。

    「誕生日ですか? 父が仕事で滞在しているフィリピンへ家族で出かけていました。38歳って、世間から見ればしっかりした大人の女性の年齢ですよね。以前に比べたら、私にも少しは自覚が出てきたのかな……。最近やっと”普通の人間”に戻れたような気がします。でも私って、男ができるとダメになるタイプなんですよね(笑)」

    うつむいてそうこぼす華原。最近新しい恋をしているのだろうか。

    「いえいえ、恋愛はしばらく封印ですね。いろいろありましたから……。家族や友達はみんな、いま私に彼氏がいないことで安心しています(笑)。もちろん、寂しいときもありますけど。男とか薬とか、私には依存しちゃった苦い経験のダメージがまだ残っているんですよね……。ですので、いまはその根本から断ち切っているところなんです」

    恋愛でつまずくたび、その不安を解消するため、過度に睡眠薬や精神安定剤に頼ってしまう――。そんな悪循環を断ち切ろうと、彼女は”男を断つ”決意をしたというのだ。そんな彼女には、いま目標にしていることがあるという。

    「ヨガのインストラクターになることです。自分の体を磨きながら資格を取れるなんて素敵ですよね。体は硬いほうなんですけど(笑)。もちろん歌の練習も続けていますよ。兄はブログで『いま妹は芸能界復帰に向けて頑張っています!』なんて書いて応援してくれていますし、その気持に応えたいと思うのですが……。でもいまのところは、私自身が”騒ぎのない毎日”を過ごすことがいちばんだと思っているんです」

    最終更新:8月30日(木)10時38分

    女性自身

     

    記事提供社からのご案内(外部サイト)

    女性自身

    光文社

    2552号・8月28日発売
    毎週火曜日発売

    定価380円(税込)

    藤田紀子 元家政婦「綾部さんに待っているのは修羅場」
    美川憲一「小林幸子とお家騒動コンビ」結成
    竹島、尖閣だけじゃない!日本の「狙われる国境」

  • [>>詳細を開閉する] 地獄のミサワ、結婚していた
    日記的なサイトで、作成や更新が簡単にできる。閲覧者からのコメントが殺到し、「炎上」することもある。
    0時18分更新

    地獄のミサワ、結婚していた!小説家・松原真琴と1年前に入籍

    シネマトゥデイ 8月30日(木)12時32分配信

    地獄のミサワ、結婚していた!小説家・松原真琴と1年前に入籍
    拡大写真
    地獄のミサワと結婚していたことを明かした松原真琴のオフィシャルサイト - 画像はスクリーンショット

     「カッコカワイイ宣言!」などで知られる漫画家・地獄のミサワが、小説家・松原真琴と1年前から結婚していたことが明らかになった。妻・松原のブログによると、家族と数名の友人以外には伏せていたといい、サプライズでの発表となった。

     松原は30日付の「結婚しました」と題したブログで、「地獄のミサワさんと結婚しました。しました、というか、していました。1年前に」と告白。入籍したのはちょうど1年前の2011年8月30日であり「入籍時に、『1年くらい黙っとく?』『そうしましょう』と軽い気持ちで始めたこのだんまり結婚生活ですが、まぁーバレない。こちらから打ち明けた、家族と数名の友達以外には一切バレませんでした」と明かしている。

     「私とミサワさんは友達(というか主従関係)の期間が長かったので無理もないんですが、それにしてもバレなかった。私なんて担当の編集さんにも言ってませんからね。このブログを読んでびっくりしているはずです」とつづった松原。結婚式やお披露目パーティーの予定は一切ないという。(編集部・福田麗)

    最終更新:8月30日(木)15時2分

    シネマトゥデイ

     
  • [>>詳細を開閉する] 黒田勇樹が妻に暴力、離婚も
    芸能人のTwitterでのつぶやきが大きな波紋を呼ぶことも。「なりすまし」が現れることもあり注意が必要。
    10時6分更新

    黒田勇樹がDV 1カ月半で離婚危機

    4日、イベントで妻中村瑠衣(右)との2ショットを披露した黒田勇樹
    4日、イベントで妻中村瑠衣(右)との2ショットを披露した黒田勇樹

     7月10日に歌手中村瑠衣(26)と結婚したばかりの元俳優黒田勇樹(30)が離婚危機に陥っていることが30日、分かった。中村がツイッターに、黒田から殴られたとされる写真と家庭内暴力について掲載した。黒田は暴力をふるったことは認めている。中村は日刊スポーツの取材に対し、警察に相談していることを明かした。黒田に離婚を切り出したが、気持ちの整理はまだついていないという。

     結婚からわずか51日。黒田が離婚危機にあることが判明した。30日午後、ツイッターで黒田と中村の夫婦げんかが始まった。

     黒田 殴ったのは事実だけど誰も彼女がなぜ殴られたかに目をむけない。警察はそれを知っていたから動かなかっただけ。

     中村 だからって毎日殴っていいの?

     中村はさらに「ワイン瓶で殴られた」とされる画像もツイッターで公開した。

     日刊スポーツの取材に中村は「お昼くらいに離婚したいと言いました」と明かした。原因は最近1週間で3度、激しい暴力を受けたことだという。前日29日にも暴力を受け、両太ももには蹴られてできたという黒いあざがあった。警視庁高井戸署や弁護士にも相談したという。前夫との間にもうけた6歳の息子と一緒に2年前から黒田と同居してきたが、昨年7月に黒田の浮気が発覚してから、暴力がひどくなったという。

     中村は「酔った時に暴力をふるうが、しらふの時はすごく楽しく大好きだと思う。彼を変えてあげたいという気持ちで結婚した」と複雑な思いを明かした。警察には相談はしているが、被害届は出していない。「夫を警察にぶち込みたい人なんていない」と揺れる思いを口にした。それでも家庭内暴力をふるう黒田が、特撮映画製作の資金集めをしたり、宣伝のためにメディアに登場することに対しては「ウソをついている彼に、これ以上メディアに出てほしくない」と厳しく批判した。

     黒田もこの日、都内で取材に応じ、「僕に言えるのは、今日つまらない夫婦げんかをしたということだけ」と話した。また中村から「別れてください」と言われたので「離婚しましょうって家を出てきた」と離婚危機に陥っていることを認めた。その上で「1年ぐらい前のことを、時系列をゆがめて話している」と中村の主張に反論した。

     ◆黒田勇樹(くろだ・ゆうき)1982年(昭57)4月23日、東京都生まれ。1歳からCMや雑誌に出演し、88年NHK大河ドラマ「武田信玄」で武田信勝役で俳優デビュー。90年に帝国劇場最年少主演記録となる8歳で「オリバー!」に主演。98年映画「学校3」(山田洋次監督)で日本アカデミー賞新人俳優賞など受賞。10年に俳優引退。現在は特撮映画の監督デビューに向けて準備中。171センチ、血液型O。

     [2012年8月31日7時17分 紙面から]

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://acstnews.blog80.fc2.com/tb.php/256-89b87aaf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ページビューランキング