WEB API を活用してニュースを一括収集。地下鉄等でも一気読みできます。 実はこのブログ、ブログランキングで○位なんです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [>>詳細を開閉する] 永ちゃん キャロル内海と共演
    注目度の高いライブイベントに関する話題。
    10時2分更新

    永ちゃん 37年ぶりキャロルのギター内海と共演!

    スポニチアネックス 9月2日(日)7時1分配信

    永ちゃん 37年ぶりキャロルのギター内海と共演!
    拡大写真
    40周年記念コンサートで革ジャン姿で元キャロル内海利勝とセッションする矢沢永吉

     ロック歌手、矢沢永吉(62)のデビュー40周年記念公演が1日夜、横浜市の日産スタジアムで開催された。

    【写真】革ジャンに袖を通す矢沢永吉

     6万5000人の観客から「ウォーッ」と驚きの声が上がったのは中盤。デビューした時の伝説のバンド「キャロル」のギタリストだった内海利勝(59)がサプライズで登場した。

     キャロルのメンバーとの共演は、1975年4月に東京・日比谷野外音楽堂で行った解散ライブ以来。当時と同じ黒い革ジャンにトレードマークだったビワ型のベースを弾きながら、内海のリードギターで出世作「ファンキー・モンキー・ベイビー」と、72年のデビュー曲「ルイジアンナ」を熱唱。一夜限りの“復活”に観客は総立ちで、矢沢も「ウッチャンと一緒にやれてホントうれしいです!」と感無量の表情を浮かべた。

     キャロルの初ステージは72年8月、横浜の老舗キャバレー「ピーナッツ」で、酔客から投げつけられるビール瓶をよけながらの演奏だった。「僕は広島から来て、ずっとこの町でチャンスを狙ってました。あれから40年たって、またこの町で歌えてうれしいです。本当に幸せ者です」とファンへの感謝の思いを込め、頭を下げた。

     日産スタジアムでのライブは99年以来。「アイ・ラヴ・ユー’OK」「時間よ止まれ」など代表曲ばかりの26曲。気球に乗るなどのド派手な演出のほか、突然場内が真っ暗になって演奏が止まり、マシンガンの発砲音がとどろく“ドッキリ”演出も。ステージが真っ赤なライトに染まりサイレンが鳴り響く様子は、ステージが炎上したキャロル伝説の解散ライブを想起させ、驚嘆と歓喜の声はやまなかった。

     ▽キャロル 矢沢がベース&ボーカル、ジョニー大倉がサイドギター&ボーカル、内海がリードギター、ユウ岡崎がドラムスを担当。矢沢が71年に内海と出会ったのがきっかけで結成。72年10月、フジテレビ「リブ・ヤング!」に出演したところ、ミッキー・カーチスの目に留まりデビュー決定。革ジャンにリーゼントでストレートなロックンロールを歌い、篠山紀信、山本寛斎両氏ら文化人からも注目された。解散ライブの炎上事故は、特殊効果用の火がセットに燃え移ったのが原因で、演出と思った観客も多かった。日比谷野音が「ロックのメッカ」になるきっかけとなった。

    最終更新:9月2日(日)8時45分

    スポニチアネックス

     
  • [>>詳細を開閉する] サカナクションが目指すもの
    国内では毎年400組以上のミュージシャンがデビューしている。
    10時2分更新

    <サカナクション>ボーカルの山口一郎に聞く「大きなお山のマイノリティーでいたい」

    まんたんウェブ 9月1日(土)19時33分配信

    <サカナクション>ボーカルの山口一郎に聞く「大きなお山のマイノリティーでいたい」
    拡大写真
    これまでの音楽活動を振り返ってこれからについて語ったサカナクションの山口一郎さん

     5人組ロックバンド「サカナクション」がニューシングル「夜の踊り子」を8月29日にリリースした。ボーカル&ギターの山口一郎さんは、人気グループ「SMAP」のシングル曲「Moment」の作詞・作曲を手掛けたことでも知られ、最近は活動の場が広がってきている。そんな、バンドのフロントマンである山口さんに、自身の音楽ルーツや新作を含む近況について聞いた。(水白京/毎日新聞デジタル)

    【写真特集】山口さんのインタビュー中の表情

     −−山口さんは北海道出身で、ご両親が小樽で喫茶店をやっていたという環境が今の音楽性にも影響しているそうですね。

     昼は喫茶店、夜はバーみたいな感じでちょっとしたステージがあって、いろんなフォークミュージシャンがうちの店を使ってたんです。中でも友部正人さんが歌ってたのをよく覚えていて、それが生まれて初めて見たライブだったんですけど、それで自分も音楽をやってみたいなと思ったし。喫茶店で流れている音楽もすごく多種多様で「サイモン&ガーファンクル」や遠藤賢司さん、「クラフトワーク」とか。夜になるとよりコアな音楽が流れて、店の上が住居だったんですけど、寝ていると大人の笑い声としゃべり声とその音楽が下から聴こえてくるというのが子守歌になっていたというか。そのうちに、家にあるフォークギターを弾き始めたりして、イルカさんの「なごり雪」を歌ったり。それが(ルーツに)あるので、今でも曲はアコギ1本で作ってますね。

     −−現メンバーの岩寺基晴さんも在籍していた前身バンドをへて、サカナクション結成時にクラブミュージックの要素を取り入れたそうですが、フォークやロックをベースにそれを付加した経緯は?

     クラブミュージックって、音が一つずつ増えていくことやループすることで高揚したり感情をコントロールする音楽だと僕は思っていて、それが、文学でいうと俳句や短歌のように決められたリズムの中で美しさを競うというか、何かを隠喩(いんゆ)したり比喩したりすることにつながる気がして。そういう日本古来の奥行きや深みをロックに取り込んでどう鳴らすかっていうのが、クラブミュージックを交ぜ合わせるようになった一つの流れです。

     −−バンド名のサカナクションは“サカナ"と“アクション"を合わせた造語ということですが、実は釣りがお好きなんですよね。

     見えている世界の、そのさらに下に、あるルールで魚が生活していて、こういう地形でこの時間帯だからここに隠れてるだろうなっていうのを想像してさおを投げて、実際に釣れたときは「来た!」って思うし、見えないものを意識するというのが、音楽を作ったり言葉を考えるときの感覚に近いんですよね。それが、言葉にするのは恥ずかしいから、何かに比喩したり隠喩するという制作スタイルになっていったのかなって。

     −−なるほど。新曲「夜の踊り子」についてお聞きしたいのですが、今作は12年度の「モード学園(東京・大阪・名古屋)」のCMソングとして制作されたそうですね。

     今の若者って、学校選びとか将来を考える意味で“どんな未来が待ってるんだろう”ってすごく不安が多いと思うんですよ。そこで、クモの糸じゃないけど、何か1本たぐり寄せられるような歌になればいいなと思って。自分も前のバンドが解散したときはどうしようと思ったけど、好きなものに引き寄せられるようにクラブに行って、そこで得たものをまたライブに転換したいと思ってサカナクションを作って。そういう自分の経験を音楽にすることで、なにかメッセージになればなと思ったんです。

     −−「夜の踊り子」というタイトルに込めた意味合いは?

     冒頭の「跳ねた跳ねた~」っていうのが自分の中では日本舞踊というか、日本の伝統的な音階の感じがして、それがアタマ(冒頭)に来ることで曲を印象づけて、最終的にハイパーなものにつながっていくっていうのは、すごい僕ららしいなって。それを体現したとき、「伊豆の踊り子(踊子)」っていう言葉があるくらいだし、そこも連想してもらえればと思ってつけました。

     −−ところで、SMAPに提供した「Moment」(TBSロンドン五輪テーマソング)も大会の時期によく耳にしましたが、自分の曲がテレビから流れてくるって、どんな気持ちですか。

     いまだに慣れないですね。ロンドン五輪の男子サッカーの試合を深夜見ていたときも、いきなり流れてきて「うわっ、変な感じ」と思って。隣に誰かいたら「聴いた? すごくない?」って言いたくなる感じなんだけど、実際一人だから“はにかむ”みたいな(笑い)。でも、この曲は「サカナっぽい」「一郎さんっぽい」みたいな意見がすごくあって、それは安心したというか。時代の中に自分の音楽が入り込むっていうのは、“らしさ”みたいなものがないと(自分の)カラーにならないと思うし、五輪で流れたっていうのもスペシャルなことだからうれしいですね。

     −−そういう意味で、今後J−POPシーンに訴えていきたいという思いはありますか。

     そうですね。ロックバンドという小さいお山で有名になるんじゃなくて、エンターテインメントという大きなお山のマイノリティーでいたいです。その、大きなお山にロープウエーでたまに行って戻って来るというか。テレビからしか情報を得ず、音楽を深く探らない人たちにも、洋楽しか聴かない人たちにも、面白いねって言ってもらえるバンドになれたらいいなと。だから、テレビとかもあんまり出たくないけど(笑い)、でもその世界で勝負して広めていくっていうチャレンジもしていきたいなと思ってます。

     <プロフィル>

     メンバーはボーカル&ギターの山口一郎さん、ギターの岩寺基晴さん、ベースの草刈愛美さん、キーボードの岡崎英美さん、ドラムの江島啓一さんの5人。05年に地元の札幌で活動開始。07年、ファーストアルバム「GO TO THE FUTURE」をリリース。 山口さんが初めてハマッたポップカルチャーは、エラリー・クイーンの推理小説「Xの悲劇」「Yの悲劇」「Zの悲劇」で、「読んだ本の一番古い記憶がこの小説で、言葉って面白いなって読み始めたのが最初。それが小4のときで、そこからはかなりのスピードで早送りのように本を読んでましたね。小5では普通に(作家の)安部公房(の著書)とかを読んでました」と話した。

    最終更新:9月1日(土)23時14分

    まんたんウェブ

     
  • [>>詳細を開閉する] 吉村「九州左遷」発言を反省
    お笑いタレントを多数抱える日本最古の芸能プロダクション。俳優やミュージシャンも所属している。
    10時35分更新

    ノブコブ吉村、“九州左遷”発言を反省「二度と九州に行けなくなった」

    シネマトゥデイ 9月1日(土)15時42分配信

    ノブコブ吉村、“九州左遷”発言を反省「二度と九州に行けなくなった」
    拡大写真
    “九州左遷”発言を反省する平成ノブシコブシ吉村崇

     1日、お笑いコンビ・平成ノブシコブシ(吉村崇、徳井健太)がラゾーナ川崎プラザでDVD「御コント」の発売イベントを行った。生放送中にお笑いトリオ・我が家の杉山裕之が九州に拠点を移すことを、“左遷”として暴露し騒動になった件は「もう終わった」としつつも、「ブログが炎上して大変。二度と九州に行けなくなった」と思いのほか影響があることを明かし反省していた。

    ファンがノブコブ吉村を罵倒!DVD「御コント」の発売イベントフォトギャラリー

     杉山の情報について吉村は「スタッフさんから聞ました。代表して俺が言った。もともと(杉山とは)仲良かったのですが、ある件で嫌いになって出ちゃったんですね」と暴露の経緯を明かした。その後に「申し訳ないと話したら『ありがとうな』と言ってくれた。もう終わった話です。杉山さんの九州の仕事に乗り込んで行けたらいいな」と反省の念を込めて今後の展望を述べた。

     ノブコブにとって単独ライブDVDは2年ぶりとなる2作目。この日のイベントでは、お笑いDVD累計売上1位を獲得できなかったら「握手会」を「水かけ罵倒会」にすると公言していたが、結果は3位。公約を掲げたにもかかわらず1位になれなかったことには、「(我が家杉山の)一件で結構減ったんだなと思います」とがっかりしていた。

     「基本(吉村は)人に嫌われているんです。水をかけられてそういうことを思い出してほしい」と徳井が言えば、吉村は「アンチの方がいて水に何か入れていたら大変ですね」と神妙な面持ちに。一方のファンは握手会が水かけ大会になったことに大喜び! 吉村は「いつも同じ服を着るな!」などと罵倒されながら、女性ファンに柄杓(ひしゃく)で水をかけられていた。(取材・文:池田敬輔)

    平成ノブシコブシの単独ライブDVD「平成ノブシコブシ単独ライブ 御コント~徳井健太が滅!~」は3,500円(税込)で発売中

    最終更新:9月1日(土)17時48分

    シネマトゥデイ

     

    平成ノブシコブシ

    お笑いタレント 平成ノブシコブシ(ヘイセイ・ノブシコブシ)
    誕生日:-
    星座:-
    出身地:-
    血液型:-
  • [>>詳細を開閉する] ビビアン 11年ぶり日本ドラマ
    中国や台湾、タイなどアジアの芸能。華流ドラマは日本でも人気がある。
    9時5分更新

    ビビアン・スー、11年ぶり日本ドラマ出演 『金田一少年の事件簿』でファッションデザイナー役

    オリコン 9月2日(日)6時0分配信

    ビビアン・スー、11年ぶり日本ドラマ出演 『金田一少年の事件簿』でファッションデザイナー役
    拡大写真
    『金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件』で11年ぶりに日本ドラマに出演するビビアン・スー

     台湾の人気女優ビビアン・スー(37)が、今冬放送の日本テレビ系『金田一少年の事件簿 香港九龍財宝殺人事件』に出演することが1日、わかった。日本ドラマ出演は2001年放送の同局系『本家のヨメ』以来11年ぶり。事件の鍵となる「九龍財宝」に関する秘密を握るファッションデザイナー、リュウ・アイビーを演じるビビアンは「秘的な過去と重要な秘密を握る女性で、しかも犯人候補の一人。キーパーソンですね」と胸を躍らせ「私にとっては初めてのサスペンス作品になります。犯人当ての要素など、緊張感のある面白い作品だと思います」と期待をふくらませている。

    【キャスト写真】BIGBANG・V.Iをはじめ、アジアのスターたちが共演

     1992年に『週刊少年マガジン』(講談社)でスタートし、連載20周年を迎えた今も絶大な支持を誇る同名人気推理漫画が再びドラマ化。同誌で7月11日号から連載中のストーリーを元に、原作者・天樹征丸がテレビドラマ脚本を初めて執筆。幼馴染・美雪が参加する香港のファッションショーを舞台に、そこで巻き起こる連続殺人事件の謎に“四代目”金田一一(はじめ)のHey!Say!JUMP・山田涼介が挑む。

     今回発表された追加キャストにはビビアンのほか、アジア各国のスター役者が集結。台湾保安警察の刑事リー・バイロンに元台湾アイドルグループ・飛輪海のウーズン、韓国からの留学生キム・ロンドンを人気韓国グループBIGBANGのV.I、「九龍皇帝」と呼ばれ90年代初頭の九龍城を支配したが、何者かに暗殺されてしまうワン・ロンを、台湾の名優であり司会者エリック・ツァンが務める。

     そのほか日本人キャストとして、金田一の頼れる後輩・”ビデオカメラオタク”佐木竜二役にHey!Say!JUMPの有岡大貴、ファッションショー『東京ガーリーモード』を運営し、美雪をモデルとしてスカウトする瀧川龍太役を桐谷健太が演じる。有岡は「(高校の後輩である)山田を先輩と呼ぶのは少し不思議な感じはしますが、先輩の推理の手助けが出来るようにと今から撮影を楽しみにしています!」と意気込み、桐谷も「日本の方以外の人たちにも『おっ!!!!』と感じてもらえるよう、一生懸命、全力でぶちかまします」と気合いを入れている。

    最終更新:9月2日(日)6時0分

    オリコン

     

    ビビアン・スー

    女優・歌手・アーティスト ビビアン・スー(ビビアンスー)
    誕生日:03月19日
    星座:うお座
    出身地:台湾
    血液型:A
  • [>>詳細を開閉する] キムタクの月9主題歌にStones
    小説や漫画が原作のドラマが増加。また、ドラマ放送枠の移動や復活など、各局の編成にも変化が。
    9時17分更新

    キムタク主演月9主題歌にストーンズ!

    サンケイスポーツ 9月2日(日)7時51分配信

     英ロックバンド、ザ・ローリング・ストーンズの大ヒット曲「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」が、SMAPの木村拓哉(39)主演のフジテレビ系「PRICELESS」(10月スタート、月曜後9・0)の主題歌になることが1日、分かった。同曲がテレビドラマの主題歌に起用されるのは世界初。キムタクは「まさに『プライスレス』な出来事」と驚き、喜んでいる。

     今年結成50周年を迎えたカリスマバンドと日本を代表する視聴率俳優の最強コラボが実現した。プライスレス=価格が付けられないほど極めて貴重なもの。木村も「まさか自分が参加する作品の主題歌に、『ザ・ローリング・ストーンズ』の名前が…」と仰天だ。

     「ジャンピン−」はボーカルのミック・ジャガー(69)とギターのキース・リチャーズ(68)が共作し、1968年5月に発売。全英1位、全米3位を獲得し、ストーンズのライブでは近年まで定番ソングとして歌われる代表曲。オープニングでキースが奏でるシンプルかつ激しいギターリフは、65年発売の「サティスファクション」とともに、40年以上にわたりロックファンの心をつかんできた。

     新月9ドラマ「PRICELESS」は、大手企業をクビになり極貧生活に転落する役どころに木村が挑む。主人公は、逆境にあっても常に前を向いて困難を力強く乗り越えていくキャラクターだ。

     同局制作側は突き抜けたパワーを持つ主人公にピッタリとして、「ジャンピン−」を主題歌に熱望。ストーンズ側との交渉では木村が国民的人気グループに属し、数々の高視聴率ドラマで主演を張ってきた経歴も説明した。ストーンズ側は「辛いことを笑い飛ばしながら前向きに生きる主人公が、バンドのイメージや歌詞ともマッチする」として使用を許可した。

     同局によると、ストーンズの楽曲では「サティスファクション」が1988年公開の映画「花のあすか組」(主演・つみきみほ)の主題歌、「悲しみのアンジー」(73年発売)が97年7月期の同局系連ドラ「フェイス」(主演・りょう)の主題歌になっている。日本での主題歌起用は、今回でわずか3例目。

     また、木村が主演したフジ月9ドラマの洋楽主題歌はこれまで4回あり、いずれもヒットと、洋楽との相性は抜群だ。

     50周年を記念して公式写真集「ザ・ローリング・ストーンズ 50」が7月に世界同時発売されるなど、パワーは衰えるところを知らないストーンズ。木村は「この曲からパワーをもらって、勢いのあるクランクインを迎えたい」と燃えている。

    最終更新:9月2日(日)8時47分

    サンケイスポーツ

     
  • [>>詳細を開閉する] 秋元アナ後任 大島アナの評価
    タレント化した「女子アナ」は私生活までニュースに。人気の局アナにはフリー転身のうわさもつきまとう。
    9時25分更新

    フジ大島由香里アナ、夜ニュースの顔に!

    夕刊フジ 9月1日(土)16時56分配信

    フジ大島由香里アナ、夜ニュースの顔に!
    拡大写真
    大島由香里アナウンサー(写真:夕刊フジ)

     フジテレビ系報道番組「ニュースJAPAN」の新キャスターに同局の大島由香里アナウンサー(28)が就任することになった。2009年9月からキャスターを務めている同局の秋元優里アナ(28)が9月末で降板。10月から大島アナが新たな“夜の顔”となる。

    【フォト】フジ秋元アナ&生田アナにハワイ旅行報道

     大島アナは成城大経済学部出身。現在は、平日夕方の「スーパーニュース」のサブキャスターを務めている。フジの入社試験に一度落ち、2度目の挑戦で2007年に入社した「苦労人」として知られる。

     入社後も「ショーパン」の愛称で早くから活躍した同期の生野陽子アナ(28)の陰に隠れがちだったが、現場取材やニュース番組での落ち着いた仕事ぶりで評価が急上昇。メーンキャスターの座を射止めた。

    最終更新:9月1日(土)23時42分

    夕刊フジ

     
  • [>>詳細を開閉する] 恋愛メール? SKE研究生が謹慎
    秋元康氏プロデュースのアイドルユニット。2012年6月の第4回総選挙では、大島優子が2年ぶり2度目の1位に返り咲いた。
    10時0分更新

    SKE犬塚、恋メール?で謹慎

    スポーツ報知 9月2日(日)8時2分配信

     「AKB48」の姉妹グループ「SKE48」の運営事務局は1日、研究生の犬塚あさな(18)が、当面活動を謹慎することを発表した。

     事務局によると、犬塚は先月31日、メール配信サービス「SKE48mail」にプライベートなメールを誤発信。男女交際をほのめかすような内容だったが、犬塚自身は交流サイト「Google+」上で、友人から受けた恋愛相談のメールを転送してしまったと説明している。

     事務局は謹慎期間について、「事実確認が取れるまで」としており、2日に東京ビッグサイトで行われる握手会は欠席する。

    【関連記事】

    最終更新:9月2日(日)8時2分

    スポーツ報知

     
  • [>>詳細を開閉する] スギちゃん第一声「腰痛い」
    2012年、R-1ぐらんぷりで準優勝しブレイク。持ちネタは「○○だぜぇ~?ワイルドだろ~?」。
    11時11分更新

    スギちゃん足からダイブ 第一声は「腰痛い」…自力でプールから上がれず

    スポニチアネックス 9月2日(日)8時5分配信

    スギちゃん足からダイブ 第一声は「腰痛い」…自力でプールから上がれず
    拡大写真
    全治3カ月の重傷を負ったスギちゃん

     お笑い芸人のスギちゃん(39)が1日未明、テレビ朝日のバラエティー番組の収録中に全治3カ月の重傷を負った。

     テレビ朝日によると、スギちゃんは9日から放送予定だった秋の特別番組(タイトル未定)で収録に参加。千葉県国際総合水泳場(習志野市)で1日午前1時ごろ、高さ10メートルの飛び込み台に挑んだ。

     スギちゃんは身長1メートル64、体重83キロ。インストラクターの指導で、頭からではなく、足から飛び込んだ。関係者によると、水面に浮かんできたスギちゃんからの第一声は「ワイルドだぜ~っ」ではなく「腰が痛い!」。自力でプールサイドに上がることもできなかった。周りにいた人が引き上げ、立ち会った看護師が救急車を呼ぶよう指示。搬送先の病院で第12胸椎破裂骨折と診断された。入院期間は4~6週間で、その後も復帰まではリハビリが必要だという。

     関係者は「どこかに体を打ち付けた形跡はないし、プールサイドに落ちるようなことはなかった」と話した。

    最終更新:9月2日(日)9時8分

    スポニチアネックス

     

    スギちゃん

    俳優・お笑いタレント・リポーター スギちゃん(スギチャン)
    誕生日:1973年 08月24日
    星座:おとめ座
    出身地:愛知
    血液型:B
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://acstnews.blog80.fc2.com/tb.php/258-8ff05be9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
ページビューランキング